メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安全なカッター

小児病棟に寄贈 「安心して遊べる」

紙は切れるけれど手は切れない「スマイリーエッジ」=横浜市内で2016年2月17日、宇多川はるか撮影

 紙は切れるけれど手は切れない−−。そんな斬新な道具を福岡県太宰府市の安井圭則さん(43)が開発し、神奈川県内2病院の小児病棟に入院している子どもたちにプレゼントした。ハサミやカッターナイフは手を切る危険があるが、これを使えば安心して遊ぶことができる。子どもを小児がんで失い、小児がん患者の治療環境の改善に取り組んでいる相模原市の高木伸幸さん(44)の紹介で、今月までに計80本を寄贈した。【宇多川はるか】

 この道具は「スマイリーエッジ」。ペンのような形で、先端に直径1センチに満たない円形の刃が付いている…

この記事は有料記事です。

残り867文字(全文1120文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
  2. 特集ワイド 「れいわ新選組」旗揚げ2カ月、寄付金2億円突破 「ポピュリストで結構」 消費税廃止、野党に亀裂も
  3. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  4. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  5. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです