メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

航空機トラブル

緊急脱出時は手ぶらが基本

右エンジンに不具合があり、乗客がシューターで脱出したJALの旅客機=新千歳空港で2016年2月23日午後、手塚耕一郎撮影

 23日、離陸前の新千歳発福岡行き日本航空3512便(ボーイング737−800型機、乗客159人、乗員6人)のエンジンから発煙した事故では、乗客らが脱出用シューター(高さ約2.5メートル)4本で緊急脱出した。その際、乗客はどのような行動をとるべきかをまとめてみた。【米田堅持】

緊急時はCAらの指示に従う

 旅客機の客室乗務員(CA)は笑顔でサービスをしてくれるイメージが強いが、本来は乗客を守るための保安要員だ。厳しい訓練を経てCAになるだけでなく、定期的に非常時対応の訓練をした者だけが乗務している。仮に事故やトラブルがあった場合は、乗客はCAらの指示に従って冷静に行動することが混乱を防いで身を守ることにつながる。非常口に近い座席に座った場合は、脱出時の援助をCAから要請されることも。先に機外へ脱出した乗客は、シューターのそばで降りる乗客を助け起こすなどの援助をお願いされるケースもあるという。

この記事は有料記事です。

残り600文字(全文999文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  2. 京アニが支援金受け付け口座開設 詳細はホームページに掲載
  3. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  4. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  5. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです