メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

119番死亡

山形市長遺族と面会 「出動すべきだった」

 山形市で2011年10月、山形大2年の大久保祐映(ゆうは)さん(当時19歳)が119番通報をしたのに市消防本部の救急車が出動せず、その後死亡しているのが見つかった問題を巡り、同市の佐藤孝弘市長が大久保さんの遺族と面会したことが24日、分かった。佐藤市長は「救急車は出動すべきだったと考えている」と伝えたという。

 関係者によると、佐藤市長は20日、大久保さんの出身地、埼玉県熊谷市で母親ら遺族と面会。面会に先立ち…

この記事は有料記事です。

残り258文字(全文464文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 統計不正 統計標語募集で「大喜利」状態 総務省職員は……
  2. 宇都宮ピークス 県内最高層マンション完成 /栃木
  3. マルクスの墓、また荒らされる 「憎悪の教え」落書き
  4. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
  5. 官兵衛神社、今秋に建立 姫路・地鎮祭に氏子ら100人

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです