メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ジカ熱

ブラジル人多い群馬・大泉 外国語で注意呼びかけ

 中南米を中心に感染症のジカ熱が流行しているのを受け、ブラジル人が多く住む群馬県大泉町は、ポルトガル語で注意を呼びかけている。母国に一時帰国して大泉に戻った後、体調が悪くなった場合は保健所に相談するよう勧めている。一方、注意喚起のあり方をめぐって、村山俊明町長は24日の定例記者会見で「住民不安をいたずらに招かないようにしたい」と話した。外国人集住都市ならではの苦労もあるようだ。【阿相久志】

 大泉町は1月末現在の人口4万1239人のうち外国人が16%の6755人。うち4013人をブラジル人…

この記事は有料記事です。

残り408文字(全文654文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 500ミリ飲料のストロー穴復活! ストローは付きませんが…グリコ「マイルドカフェオーレ」など

  2. 大阪メトロ、車掌が乗務中にディズニーツムツム「駄目なのは分かりつつ…」

  3. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  4. 「明治フルーツ」販売終了 60年の歴史に幕

  5. 「トランプ公式プラ製ストロー」販売開始 ロゴ入り10本で1600円 「紙」に対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです