桜宮高自殺

体罰との因果関係認定 大阪市に賠償命令

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

東京地裁が7495万円 大阪市は「控訴せず」

 2012年12月に大阪市立桜宮高校のバスケットボール部主将の男子生徒(当時17歳)が自殺したのは教諭だった元顧問(50)=懲戒免職=の体罰が原因として、両親ら遺族が大阪市に約1億7400万円の賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は24日、大阪市に約7495万円の賠償を命じた。岩井伸晃裁判長は「元顧問の暴行がなければ男子生徒は自殺しなかった」と因果関係を認めた。

 判決を受け、大阪市は「真摯(しんし)に受け止めなければならない。尊い命が失われた重大な事案であり、控訴しない」と発表した。

この記事は有料記事です。

残り507文字(全文772文字)

あわせて読みたい

ニュース特集