メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
参院・合区選挙

野党、候補者一本化へ 福島氏と共産が安保法廃止で一致 /鳥取

会談後にそろって記者会見する(左から)福島氏と、共産党の小村・鳥取県委員長、後藤・島根県委員長=鳥取県米子市で、真下信幸撮影

 今夏の参院選「鳥取・島根」選挙区で、民主党と社民党が推薦する無所属新人の元消費者庁長官、福島浩彦氏(59)と、共産党の両県委員長が25日、米子市で会談し、安全保障関連法の廃止を求める考えで一致した。共産は新人の遠藤秀和氏(38)の擁立を取り下げる方針を固め、野党の候補者一本化が実現する。初の両県合区で迎える選挙は、自民党現職の青木一彦氏(54)と福島氏の事実上の一騎打ちとなる見通しとなった。【真下信幸、長宗拓弥】

この記事は有料記事です。

残り706文字(全文915文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 東京パラスペシャルサポーター・香取慎吾さん「できるだけ多くの人、観戦して」

  5. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです