メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

参院・合区選挙

野党、候補者一本化へ 福島氏と共産が安保法廃止で一致 /鳥取

会談後にそろって記者会見する(左から)福島氏と、共産党の小村・鳥取県委員長、後藤・島根県委員長=鳥取県米子市で、真下信幸撮影

 今夏の参院選「鳥取・島根」選挙区で、民主党と社民党が推薦する無所属新人の元消費者庁長官、福島浩彦氏(59)と、共産党の両県委員長が25日、米子市で会談し、安全保障関連法の廃止を求める考えで一致した。共産は新人の遠藤秀和氏(38)の擁立を取り下げる方針を固め、野党の候補者一本化が実現する。初の両県合区で迎える選挙は、自民党現職の青木一彦氏(54)と福島氏の事実上の一騎打ちとなる見通しとなった。【真下信幸、長宗拓弥】

この記事は有料記事です。

残り706文字(全文915文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  2. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  3. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

  5. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです