メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県動物愛護管理センター

犬猫に新しい飼い主を 専用棟を新設へ 一時保護も 神山 /徳島

新しい飼い主を待つ犬がすむ小屋。現在は屋外に設けている=徳島県神山町阿野の県動物愛護管理センターで、蒲原明佳撮影

 県は2018年度にも、神山町阿野の県動物愛護管理センターに、持ち込まれる犬や猫の新しい飼い主を探すための専用棟を新設する。感染症から守り、飼い主になりたい人と動物の相性を確かめる“お見合い”の部屋を設けて、災害時は飼い主がいない動物の一時保護もする。16年度一般会計当初予算案に設計費1400万円を計上した。

 センターは14年度、過去最多の犬321匹、猫81匹を新たな飼い主に引き渡した。譲渡までには避妊・去…

この記事は有料記事です。

残り484文字(全文689文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 北朝鮮密輸船 寄港百回超、日本各地に 韓国は禁止、国連制裁逃れに利用の恐れ

  3. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

  4. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  5. 福島処理水問題 安全基準の「ずれ」埋めよ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです