メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日南市

市長“育児”に率先参加 残業控え「ゆうパパ運動」 /宮崎

ゆうパパ運動に率先して取り組むと発表した日南市の崎田市長

 日南市は、男性が残業を控えて育児に積極的に参加する「ゆうパパ運動(夕方からパパ行動運動)」を呼びかける。昨年12月末に次男が生まれた崎田恭平市長(36)が率先して取り組む。夕方の公務としては会議や総会出席などほぼ毎日予定が入っているが、市長は「今後は可能な限り控えたい」としている。【尾形有菜】

育児の重要性

 市長は5歳の長男と妻との4人暮らし。昨年7月、県知事と県内25市町村長と共に、子育てに理解のある上司となる「イクボス宣言」をした。少子化対策として市…

この記事は有料記事です。

残り345文字(全文574文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

  4. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  5. ラグビーW杯観戦後、酔って警備員の顔殴った容疑 電通新聞局長を逮捕 容疑を否認

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです