メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国の選択

16年大統領選 民主指名争い 黒人票取り込み焦点 サウスカロライナ、クリントン氏優勢

 【コロンビア(米サウスカロライナ州)西田進一郎】米大統領選の民主党候補指名争いで、第4戦となる27日の南部サウスカロライナ州予備選は黒人票が鍵を握る。ヒラリー・クリントン前国務長官(68)は夫のビル・クリントン元大統領の根強い黒人人気に加え、人権問題に取り組む姿勢をアピールして支持を拡大。バーニー・サンダース上院議員(74)が過去強みを見せた若者層でも黒人票を基に食い下がり、全体で優位に戦いを進めている。

 23日夜、コロンビアの教会で開かれた集会。クリントン氏の周りに座った黒人女性たちが次々と支持を表明した。ある女性は17歳の息子が自警団員に射殺され、別の女性は43歳の息子が白人警官に取り押さえられて窒息死した。みなクリントン氏が自分たちと直接会い、「誰も話を聞いてくれない時から話を聞いてくれた同志だ」と体験談を語った。クリントン氏は「構造的な人種差別を終わらせるためにはみなが関わる必要がある」と…

この記事は有料記事です。

残り530文字(全文935文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 「いやだいやだよ…

  2. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 「そのお金を医療に回せ!」 コロナ政策「暴走」を漫画でバッサリ 作者の思い

  5. 「断じて受け入れられない」茂木外相が談話 韓国の元慰安婦訴訟判決確定に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです