メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ひまわりEYE

雲の一生、ダブル観測

ひまわり8号が撮影した2015年8月3日のオホーツク海上の様子(可視と近赤外の画像から作成)

 雲は地球を冷やしたり暖めたりすることで地球の気候に影響を与えるが、どのような雲がどの高度にあるかを正確に把握する必要がある。雲の性質にはエアロゾルと呼ばれる大気中の微粒子も関係する。雲とエアロゾルの高度情報を得るには、衛星を使った雲レーダーやレーザー光による観測が有効だ。

 このような衛星観測は2006年6月に始まった。米国の2基の地球観測衛星は昨年8月3日、北海道からオホーツク海の上空を通り(図1)、雲とエアロゾルの観測データをもたらした。

 レーザー光のデータでは、日本のすぐ北の高度4〜9キロに森林火災起源と思われるエアロゾルが確認できた…

この記事は有料記事です。

残り313文字(全文586文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

  2. G20会場近くに煙玉 元大阪府警巡査部長を偽計業務妨害容疑で逮捕

  3. 拝謁記 昭和天皇、戦争への悔恨 「反省といふ字どうしても入れねば」 表明実現せず

  4. ラーメン注文で生ビール5杯サービス 一風堂がキャンペーン

  5. オアシスのとんぼ 輸出規制に反発するソウルの夏 「反日」ためらい「NO安倍」に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです