メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジカ熱

感染を確認…WHO緊急宣言後、国内初

ジカ熱を発症した患者について記者会見する厚労省健康局結核感染症課の浅沼一成課長=東京・霞が関の同省で2016年2月25日午後9時2分、森田剛史撮影

 厚生労働省は25日、観光でブラジルに滞在した川崎市の10代男性がジカ熱に感染したことを確認した。ジカ熱は妊婦の感染と小頭症の子どもの出生との関連が指摘されている。国内でのジカ熱感染者の確認は4例目だが、今年2月1日の世界保健機関(WHO)の緊急事態宣言後は初めて。

 ジカ熱は蚊が媒介する感染症。厚労省は国内が蚊の活動期ではないため感染拡大の可能性は低いとみている。政府は25日の関係省庁対策会議で、ブラジルなど中南米の流行地域への渡航者に注意喚起することを確認した。

 厚労省や川崎市によると、男性は高校生で2月9〜20日、家族とブラジルに滞在。20日に発熱し、帰国した22日に発疹の症状が出た。熱は38度弱だったが、水際対策で実施している空港でのサーモグラフィーによる体温測定では異常を見つけられなかったという。高校生は24日に市内の医療機関を受診。医療機関が疑い例として届け、25日、国立感染症研究所で感染を確認した。高校生は現在は発熱はなく自宅で療養している。

この記事は有料記事です。

残り293文字(全文726文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見えたー! ペルセウス座流星群がピーク迎える 天の川と「競演」

  2. ポスト安倍に挙がる3人の「外相」 首相の座は誰に 個性それぞれ

  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  4. 独自大会初戦負け 加藤学園・肥沼、初心回帰「なめた投球」反省 センバツ交流試合

  5. 国民・玉木氏 分党まで持ち出しこだわったものとは 混乱残り前途多難

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです