北海道新幹線

「特需」効果、早くも…開業まで1カ月

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
試乗会で歓迎ムードを高める商工会関係者や新幹線のマスコットキャラクター=北海道北斗市の新函館北斗駅で、手塚耕一郎撮影
試乗会で歓迎ムードを高める商工会関係者や新幹線のマスコットキャラクター=北海道北斗市の新函館北斗駅で、手塚耕一郎撮影

 3月26日の北海道新幹線(新青森−新函館北斗)開業まであと1カ月。北海道の玄関口となる函館市周辺は開業日以降のホテル予約が相次ぐなど早くも開業効果が表れており、関係者は「観光業界にとどまらず、広範な業界に効果が広がっている」とえびす顔だ。一方、終着駅から通過駅となる青森側は「観光客を奪われる」と危機感を強めている。

この記事は有料記事です。

残り598文字(全文757文字)

あわせて読みたい

ニュース特集