メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジカ熱

国内流行の恐れ低く…「防蚊対策が重要」

ジカ熱を発症した患者について記者会見する厚労省健康局結核感染症課の浅沼一成課長(右手前)ら=東京・霞が関の同省で2016年2月25日午後9時1分、森田剛史撮影

 世界保健機関(WHO)が緊急事態を宣言してから初めて、日本国内でジカ熱の感染者が確認されたが、海外から帰国した人の感染は今回が初ではない。2013〜14年にフランス領ポリネシアとタイから帰国した計3人の発症が確認されている。国内は冬のため、原因のジカウイルスを媒介するヒトスジシマカは活動しておらず、現時点で流行が広がる恐れは非常に低い。

 一昨年に国内で流行した蚊媒介感染症のデング熱と比べ、ジカ熱は一般に軽症で、8割は症状が出ないとされ…

この記事は有料記事です。

残り354文字(全文574文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  5. ORICON NEWS カントリー・ガールズ、活動休止&メンバー卒業へ 山木梨沙は引退 船木結は来年3月活動を休止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです