メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

哲学の木

観光客マナー違反 所有者が撤去 北海道・美瑛

重機で倒され、運び出される哲学の木=北海道美瑛町で2016年2月25日午後、横田信行撮影

 丘陵地に畑が広がる農業景観で全国的に有名な北海道美瑛町で、人気だったポプラの老木「哲学の木」が24日、姿を消した。樹齢を重ねて倒木の危険性が高まったことに加え、生えている農地に無断で侵入する国内外の観光客や写真愛好家が後を絶たず、所有者の農家が撤去という苦渋の決断をした。

 畑に傾いて生える姿が物思いにふける人を連想させることから「哲学の木」として紹介されるようになり、町内でも屈指の人気を誇る撮影地だった。

 ところが観光客の増加で近年、写真を撮るために畑が踏み荒らされたり、道路に止めた車で農作業に支障が出たりするなどのトラブルが急増。たまりかねた所有者が近寄らないように「哲学の木」の幹に赤い×印を付け、撮影禁止にしていた。また町などが日本語や英語、中国語で農地への立ち入り禁止を伝える看板を設置。町観光協会も観光スポットとしての紹介をやめ、注意喚起していたが、無断立ち入りは続いた。

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文695文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 「いやだいやだよ…

  2. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 「断じて受け入れられない」茂木外相が談話 韓国の元慰安婦訴訟判決確定に

  5. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです