メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

みちのく建物探訪

仙台市・三滝山不動院 アーケードに「福の神」 /宮城

多くの人が行き交うアーケード商店街の店舗と軒を並べる三滝山不動院の山門=仙台市青葉区で

 JR仙台駅前から西へ続くアーケード街。軒を並べる商店に目を奪われながら歩くこと5分、ドーナツ屋とカフェの間に、しめ縄が張られた重厚な瓦屋根の門が現れる。幅5・4メートルの間口は周囲の店舗のサイズと変わらない。門をくぐった先には、赤、青、緑ののれんをかけた茶屋や仏具屋などの仲店が左右に並ぶこぢんまりとした参道がある。それが15メートルで尽きたところに、約150年の歴史を持つ「三滝山(みたきやま)不動院」の本堂が建つ。

 本堂とは言っても、鉄筋コンクリート造り、地上3階・地下1階のビルの中。1階に安置された本尊の不動明王像は江戸時代末期の作で眼病の治癒に御利益があるとされる。鐘や手洗い所なども設置されてお寺らしいたたずまいになっており、おさい銭を入れていく人も少なくない。2階には12種のえとに対応する守り本尊もある。

この記事は有料記事です。

残り695文字(全文1056文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡99.8%、東京98% 新規感染減に不可欠な「行動抑制率」 専門家が試算

  2. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  3. 外出自粛で追い込まれる個人経営の飲食店 業界関係者が応援サイト立ち上げ

  4. 中1女子被害 強制わいせつ容疑者の動画 小倉北署公開

  5. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象、5月6日まで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです