メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「身じまい」のおと

通夜に参列して学んだこと=社会部編集委員・滝野隆浩 /東京

 入社年次が1年早い先輩が亡くなった。まだ57歳。入院したと聞いて見舞いに行きたかったが、がんの進行は早く、緩和病棟に移ったと聞いて会いに行くことは控えた。まもなく、訃報が社内メールで届いた。

 斎場で行われた通夜に出た。導師の読経が続く中で焼香したあと小部屋で会食しながら待っていると、係員が来て「最後のお別れ」の用意ができた、という。ひつぎの小窓から顔を見る。トレードマークのひげはきれいにそってあった。そのせいかやせたなあと思う。これからもう、会うことはできない。

 遺族は、葬儀場ではなくて、火葬場で「最後のお別れ」をする。肉体を持った人間が、焼かれて<骨>という…

この記事は有料記事です。

残り869文字(全文1153文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あんこう祭14万人 大洗・ガルパンイベントも盛況

  2. 伊藤「いい試合できた」今季4度目の決勝進出で初勝利 元世界1位倒す

  3. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

  4. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  5. 風知草 観桜会の論じ方について=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです