シリア停戦

「首都などで戦闘が沈静化」発効から数分後に

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【カイロ秋山信一】内戦が続くシリアで27日午前0時(日本時間27日午前7時)、米国とロシアが主導する一時停戦が発効した。停戦対象外とされた過激派組織「イスラム国」(IS)や国際テロ組織アルカイダ系「ヌスラ戦線」を除く主要勢力は停戦に応じる意向を示したが、相互不信は根深く、停戦が持続するか不透明だ。

 米露主導の一時停戦はシリア内戦が2012年に本格化してから初めて。ロイター通信によると、停戦発効から数分後に首都ダマスカスなどシリア西部では戦闘が沈静化した。

 今回の一時停戦は、政権と反体制派との和平協議に向けた信頼醸成措置の意味合いが強い。26日までにアサド政権やクルド人民兵組織「人民防衛隊」が停戦受諾の方針を公表。多数の組織が乱立する反体制派も、97の組織が2週間限定で停戦に同意した。

この記事は有料記事です。

残り369文字(全文716文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集