メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ポケモン20年

「スマホも少子化も怖くない」

ミュウを手にポケモンの魅力を語る株式会社ポケモンの宇都宮崇人・常務執行役員=東京都港区の株式会社ポケモンで2016年2月25日、大村健一撮影

 携帯用ゲーム機「ゲームボーイ」のソフトから始まって、アニメ、カードゲーム、キャラクターグッズなどが世界的な人気を誇る「ポケットモンスター(ポケモン)」が27日、第1作のゲームソフト「ポケットモンスター 赤・緑」の発売から20周年の節目を迎えた。はやりすたりの激しいコンテンツビジネスの世界において、消えていくキャラクターも多い中で「太く」「長い」人気を誇り、「ポケモン」は世界の共通語になりつつある。人々を魅了し続ける理由や、今後に向けた一手を探った。【大村健一/デジタル報道センター】

 「『赤』と『緑』のどちらを買おうか悩みに悩んで、悩みすぎて一回、家に帰って緑に決めたときのワクワクは全部、覚えています」。芸能界きってのポケモンファンで「ポケモンが生きる意味を教えてくれた」(小学館)という著書もあるタレントの中川翔子さん(30)は20年前、原点となったソフトを買った帰り道の鼓動の高鳴りが忘れられない。「画期的だったのは基本的には一人でやるものだったゲームが、通信ケーブルを使って…

この記事は有料記事です。

残り2365文字(全文2809文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  2. 平井デジタル担当相、個人情報保護ルール見直しに意欲

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 「菅内閣」発足 権限かさに脅す手法、早くも

  4. 新型コロナ 塩釜のすし店4人感染 従業員と客 利用者は連絡を /宮城

  5. イナズマロックフェス「来年は烏丸半島で」 トリは西川貴教さん 滋賀県庁で熱唱

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです