ポケモン20年

AKBとの意外な「共通点」とは

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ポケモンの国際展開について語る白鴎大の藤井健教授=東京都千代田区の毎日新聞東京本社で2016年2月17日午後0時20分、大村健一撮影
ポケモンの国際展開について語る白鴎大の藤井健教授=東京都千代田区の毎日新聞東京本社で2016年2月17日午後0時20分、大村健一撮影

 2月27日に誕生から20周年を迎えた「ポケットモンスター(ポケモン)」。ゲームソフトは全世界で2億7700万本を売り上げ、アニメは世界93カ国で放送される(いずれも2015年9月末現在)など国内にとどまらない高い人気を維持している。グローバル経営における企業の異文化適応が専門で、ポケモンなどキャラクタービジネスの世界展開についても詳しい白鴎大経営学部の藤井健教授(58)に、ポケモンが世界で長く愛され続けている理由を聞いた。【聞き手・大村健一/デジタル報道センター】

 −−ポケモンは誕生から20周年を迎えますが、高い人気を維持しています。前例がないほどの長期的な人気だと思うのですが、なぜここまで流行したのでしょうか。

この記事は有料記事です。

残り3062文字(全文3373文字)

あわせて読みたい

ニュース特集