メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

信州・取材前線

白馬で国際スクール創設へ 世界の子供呼び込め 海外で人口増の例も /長野

白馬村でインターナショナルスクール創設を目指す草本朋子さん=同村で

 白馬村でインターナショナルスクールの創設に向けた動きが進んでいる。村人口が減る中、スノーリゾートとして知られる街の魅力を生かし、国内外から生徒を呼び込み、地域の活性化を図る。今春には、中学生を対象にした第1段の短期プログラムを開催する予定で、数年後の開校を目指す。【稲垣衆史】

 発起人は会社経営の草本朋子さん(46)。東京大経済学部を卒業後、モルガン・スタンレー東京支店や米ニューヨーク本社など金融業界で約10年間勤務。オーストラリア人の夫と結婚、出産を機に退職した。2009年に村に移住、5〜12歳の3児の母だ。

 構想は14年、村の商工関係者や住民らとともに廃校危機に陥った白馬高校の存続活動に取り組んだことがき…

この記事は有料記事です。

残り829文字(全文1137文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 人生は夕方から楽しくなる 政治ジャーナリスト・田崎史郎さん 「地獄」見たからこそ、分かることがある

  4. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  5. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです