メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

LGBT支援

自尊心回復が大切 NPOが報告会 /高知

自尊心を取り戻す大切さを訴える遠藤事務局長=高知市五台山の県立牧野植物園で、上野宏人撮影

 LGBT(性的少数者)を支援するNPO法人「高知ヘルプデスク」(浜口ゆかり代表)の事業報告会が27日、県立牧野植物園(高知市五台山)であり、約30人が参加した。

 社会的包摂サポートセンター(東京)の遠藤智子事務局長が講演し、24時間無休で受け付けている無料の匿名電話相談「よりそいホットライン」(0120・279・338)を紹介した。

 全国でLGBTの相談件数は2014年度は3万8916件で、うち1000件を無作為抽出すると、相談者は若い世代が多く、28%は自殺を考えていた。8割は恋愛や周囲からの差別など人間関係に悩んでおり、2割は支援者がいないという。職場や制服、トイレや更衣室に居心地の悪さを感じ「医師に自分のことを話せない」という人も3割いた。

この記事は有料記事です。

残り210文字(全文538文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  2. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  3. 「まさか栃木で」小6女児保護、大阪の住民ら驚き「よく頑張った」

  4. 水説 怒れる検事長OB=古賀攻

  5. 「参加費返して」「やっと当たったのに…」 東京マラソン 一般参加者とりやめ、返金せず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです