メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

揺れる中東

アラブの春5年・第2部/4 カタール、積極介入に転換 思惑外れ、摩擦生む

ムスフィル教授

 2011年8月24日、リビアの首都トリポリにある最高指導者、カダフィ大佐(当時)の居住区前に赤茶色と白を基調とするカタール国旗が掲げられた。民主化要求運動「アラブの春」に触発された反カダフィ派は約半年に及ぶ内戦の末、政権の中枢を制圧。異国の空に翻った旗は、独裁打倒の「陰の主役」を如実に表していた。

 内戦終結の決め手となった北大西洋条約機構(NATO)主導の軍事介入に際し、カタールは根拠となった国連決議を支持するようアラブ連盟に働きかけ、空爆にもアラブ諸国で真っ先に参加した。

 カタール政府は当時「リビアでの大量殺人を止めなければならない」と介入を正当化したが、実際の動きは民…

この記事は有料記事です。

残り1233文字(全文1523文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  5. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです