メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

揺れる中東

アラブの春5年・第2部/4 カタール、積極介入に転換 思惑外れ、摩擦生む

ムスフィル教授

 2011年8月24日、リビアの首都トリポリにある最高指導者、カダフィ大佐(当時)の居住区前に赤茶色と白を基調とするカタール国旗が掲げられた。民主化要求運動「アラブの春」に触発された反カダフィ派は約半年に及ぶ内戦の末、政権の中枢を制圧。異国の空に翻った旗は、独裁打倒の「陰の主役」を如実に表していた。

 内戦終結の決め手となった北大西洋条約機構(NATO)主導の軍事介入に際し、カタールは根拠となった国連決議を支持するようアラブ連盟に働きかけ、空爆にもアラブ諸国で真っ先に参加した。

 カタール政府は当時「リビアでの大量殺人を止めなければならない」と介入を正当化したが、実際の動きは民…

この記事は有料記事です。

残り1233文字(全文1523文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 声優の朴ロ美&山路和弘が結婚発表「共に支え合って人生という路を歩んでいきます」

  2. オジー・オズボーンさんパーキンソン病告白 メタルの帝王「困難な状況だ」

  3. 女子高生死亡事故で男性に無罪 自転車「予見」に疑い 徳島地裁

  4. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  5. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです