メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ファッションの匠

呼吸合わせ折り込むプリーツ 白石ポリテックス工業(宮城県白石市)

 <ファッションの匠(たくみ)>

 はかまや制服のスカートなどに使われているプリーツは、実は手作業によってできている。熟練の職人が2人1組で呼吸を合わせながら、段ボールのような型紙に生地を1枚ずつ挟み込む。それを釜に入れて蒸すことでプリーツをくせ付けする仕組みだ。

 白石ポリテックス工業で40年働く技術責任者、国分米夫さん(57)は「特殊な型紙は1ミリ単位の修正が必要。技術の習得には何年もかかる」と話す。これまでに制作した型紙は500種類以上。蛇腹状のプリーツだけでなく、ひだで亀甲柄やうろこ柄、ヘリンボーン柄なども表現できる。

 同社は日本で最初にプリーツ加工を始めた東京の会社が前身で、当時の社長が1968年、郷里の白石市に工場を移転したのが始まり。当初は4台しかなかったプリーツ加工機は31台に増え、手作業ではできない細かいシワ加工などにも対応できる。

この記事は有料記事です。

残り309文字(全文687文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  2. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  3. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  4. 無人駅、東京でも1割 障害者に支障 国、指針策定へ 国交省調査

  5. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです