メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

橋爪大三郎・評 『村上春樹は、むずかしい』=加藤典洋・著

 (岩波新書・864円)

正義がはっきりしない世界への転換

 本格的な批評の書である。村上春樹の長編も短編も博物館の陳列のように、ラベルを貼って並べて解明される。私が作者本人なら生きた心地もしない。

 デビュー作『風の歌を聴け』は日本文学で初めて《自覚的に「肯定的なことを肯定する」作品》である。誰もが否定性に浸って近代の物語を紡いでいたとき、気持ちよくてなにが悪い、と言ってのけたのだ。

 ポップなこの身軽さは、現実から距離を置く「デタッチメント」とみなされた。話はそう簡単でない、初期短…

この記事は有料記事です。

残り1208文字(全文1449文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立命館大元准教授、イラクで拘束か テロ容疑で手配中
  2. 滋賀県が個人住所特定できる資料誤公表、ヤフコメで発覚
  3. 日本、しびれ切らす 徴用工訴訟で仲裁委設置要請 冷え切る日韓関係
  4. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  5. 長谷川博己さん、明智光秀の菩提寺訪問 来年の大河ドラマ「麒麟がくる」主役

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです