メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

名人挑戦は新鋭・佐藤天彦 降級は久保と郷田

 27日指されたA級順位戦一斉対局の頂点に立ったのは、A級1期目の新鋭・佐藤天彦(あまひこ)八段(28)だった。

 佐藤は福岡市出身。中田功七段門下で、大山康晴十五世名人の孫弟子にあたる。2006年10月に棋士(四段)になり、15年八段。愛称は「アマヒコ」。ウエーブのかかった長髪に細身のスーツをさっそうと着こなす“イケメンスタイル”で知られるが、勝負度胸も備わっている。力強い棋風の原動力となったのが、横歩取りである。前々期のB級2組で10戦全勝。前期のB級1組で10勝2敗を挙げて連続昇級した際、「上を目指して頑張ります」と抱負を語った。「上」とは言うまでもなく、名人を指す。

 その言葉通り、A級1期目の今期も開幕から5連勝。6回戦で敗れたものの、7勝1敗の単独首位で最終局を…

この記事は有料記事です。

残り717文字(全文1056文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです