メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 実家が料亭を営んでいた東京・柳橋の花柳界には、終戦直後まで「残飯屋」が出入りしていた。

 料亭、レストラン、軍の士官学校から残飯をもらって貧民街で売りさばく。明治の昔から存在した「商い」らしく、1892(明治25)年の「国民新聞」記者・松原岩五郎の“残飯屋潜入取材”(「最暗黒の東京」)によれば、ひとザル(15貫目=約56キロ)を50銭で買い取り、それを1貫目(3・75キロ)あたり5〜6銭で売る。仕入れ値の約1・5倍? 割の良い商売だったらしい。

 昭和初期、貧富の差が激しく、東京でも深川、浅草……いたるところにスラム街があった。住民の大多数が非…

この記事は有料記事です。

残り623文字(全文897文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  2. 元パラ選手マリーケ・フェルフートさん安楽死 ロンドン、リオで金含む複数メダル

  3. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  4. ORICON NEWS 道端アンジェリカ、夫の逮捕で「夫婦の形が少しずつ変わってきています」

  5. 34年目の真実 松橋事件/中 子の人生も狂わせ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです