メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安保法制

廃止への道を 立憲ネット結成総会 SEALDs、政党幹部訪れ /秋田

 「安保法制廃止、立憲主義の回復を求める秋田ネット」(あきた立憲ネット)の結成総会が28日、秋田市であった。約150人が参加し、参院選で野党統一候補を擁立すべく行動する方針を確認した。

 代表幹事は6人。「安保法制に反対する県大学関係者の会」代表の進藤伸一・秋田大名誉教授▽憲法改悪反対県センター代表の虻川高範弁護士▽秋田・戦争させない1000人委員会の山縣稔代表らが就任した。このうち進藤氏は「統一候補を全面的に応援することが、安保法制の廃止につながる確実な道になる…

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文583文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  2. 首相が演説で地方創生の成功例として紹介した男性、島根県外に転居していた

  3. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  4. 「桜を見る会」廃棄されたはずの内閣府資料あった 2014~19年の招待者数も公表

  5. 論点 橋下徹さん「罪悪感なく公文書廃棄する政府の恐ろしさ」 桜を見る会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです