メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ブラジル野菜

キャッサバ、マシシ、ピメンタ・デ・シェイロ…太田から全国へ 門間さんと久保田さん、ネット販売準備中 /群馬

試作品の唐辛子の瓶詰めを手にする門間さん(左)と、ハウス内で育苗しているブラジル野菜の苗を持つ久保田さん=太田市で

日系2世・門間さんと農業・久保田さん、今夏のネット販売準備中

 ブラジル出身の日系2世、門間サオリさん(43)=太田市大原町=と、同所で農業を営む久保田健一さん(69)がブラジル野菜を生産し、インターネットを通じて販売する準備を進めている。野菜が収穫時期を迎える今夏の事業開始を目指しており、2人は「日本人にはブラジル文化に興味を持つきっかけにしてほしいし、在日ブラジル人には懐かしい気持ちになってほしい」と意気込んでいる。【田ノ上達也】

 2人が知り合ったのは2013年夏。久保田さんの農園近くを通りかかった門間さんが偶然、風に揺れるイモ…

この記事は有料記事です。

残り675文字(全文943文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  5. クローズアップ 日韓軍事情報協定破棄 対話不発 韓国見切り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです