メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

揺れる中東

アラブの春5年・第2部/5止 米政権、シリア対応迷走 ロシア介入で情勢複雑化

 「シリア国民のために、アサド大統領が身を引く時が来た」。2011年8月18日、米ホワイトハウスがオバマ大統領名で出した声明は淡々と、しかし明確にアサド氏の退陣を迫った。

 民主化要求運動「アラブの春」の大波は11年3月にシリアにも押し寄せ、全土を覆っていた。アサド政権は改革を求めて平和的な抗議デモを行う自国民に発砲するなど強硬な武力弾圧を展開。国際的な批判が高まっていた。

 「これでアサドは終わりだ」。オバマ大統領の声明を聞いた当時の国務省シリア・イスラエル和平担当、フレ…

この記事は有料記事です。

残り1233文字(全文1470文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  3. キイレツチトリモチ まるでキノコ、珍種が開花 牧野植物園 /高知
  4. バラハタ 他にもいる危険な魚 「珍しい」で食べないで
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです