メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

詩歌の森へ

短歌批評と「他者」=酒井佐忠

 短歌の批評について、世代間での価値観の違いや、小さな自己の思いや感覚にこだわるために、閉そく感におおわれていると指摘されて久しい。そんな中で、ていねいな作品の読みから、柔軟に他者へのまなざしを注ぐことの重要性を説く、吉川宏志の『読みと他者・短歌時評集二〇〇九−二〇一四年』(いりの舎)は、新たな短歌批評を提示する貴重な一巻だ。

 もともと批評とは、作品と「他者」の関係を問うものではないか。共同通信配信の時評「短歌はいま」を中心…

この記事は有料記事です。

残り351文字(全文565文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 瀬古氏、MGC3位の大迫にファイナルチャレンジ回避の勧め

  2. 英議会風刺のバンクシー画競売へ 議員の代わりにチンパンジー、EU離脱の混迷で注目

  3. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  4. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  5. 千葉停電 被災者「あきれた」「県外避難も」 東電説明二転三転

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです