メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジカ熱

感染力、デング熱並み…東大チーム推計

ジカ熱の流行を受けて始まった入国者への注意喚起=成田空港で2016年2月15日午前10時9分、山本晋撮影

 蚊が媒介する感染症のジカ熱が過去に南太平洋で流行した際、患者1人から感染した人数は1.8〜5.8人だったとの試算を、西浦博・東京大准教授(理論疫学)のチームがまとめた。数値が1以上だと流行が広がるとされ、同じく蚊が媒介するデング熱の過去の推計(1〜4)に近い感染力だった。国際感染症学会誌電子版に29日発表した。

 ウイルスを媒介する蚊が常に活動している南太平洋と日本では、気象条件や蚊の種類、蚊に刺される頻度などが異なるが、西浦准教授は「国内でも夏場、蚊が多い地域では感染が大きく広がる恐れがある」として対策を求めている。

この記事は有料記事です。

残り182文字(全文444文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

  2. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か

  3. 出た!大阪・梅田で人骨1500体超 別の場にもウメタ?埋葬想定より遅い江戸~明治

  4. 世界の雑記帳 死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及

  5. 見えたー! ペルセウス座流星群がピーク迎える 天の川と「競演」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです