メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤原帰一の映画愛

偉大なるマルグリット

幻想と現実の落差演じる、カトリーヌ・フロの技巧

 歌が下手な人はどうすればいいでしょう。もちろん歌わなければいいわけですね(私のことです)。でも、歌が好きなうえに自分がうまいと思っていたらどうなるだろう。これは、音痴なのに上手だと思い込んでいる女性の物語です。

 舞台は1920年のフランス。上流社会のクラブが催す音楽会に着飾った男女が集まっています。次々に現れる歌手のなかで、メインは男爵夫人のマルグリット。観客の見守るなか、オペラ「魔笛」から夜の女王のアリアを歌いますが、これがひどい。声域が狭く音程も外れた夜の女王です。

 でも、観客は拍手する。マルグリットを傷つけたくないんですね。おまけにお屋敷の執事は、ファンが送って…

この記事は有料記事です。

残り1356文字(全文1667文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  4. AAAリーダーを暴行容疑で逮捕 「飲みに行こう」と誘うも断られ平手打ち
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです