福島原発事故

東電元会長ら3人を強制起訴

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 2011年の東京電力福島第1原発事故を巡り、東京第5検察審査会から起訴議決を受けた東京電力の勝俣恒久元会長(75)ら旧経営陣3人について、検察官役に指定された弁護士は29日、業務上過失致死傷罪で東京地裁に在宅のまま強制起訴した。検察審の起訴議決に基づく強制起訴は全国9例目。

 他に起訴されたのは、武黒一郎(69)、武藤栄(65)の両元副社長。指定弁護士は26日、旧経営陣を29日に強制起訴する方針を発表していた。

 第5検審は昨年7月、旧経営陣について「万が一にも発生する事故に備える責務があり、大津波による過酷事故の発生を予見できた。原発運転停止を含めた回避措置を講じるべきだった」とする起訴議決を公表。3人は事故を未然に防ぐ注意義務を怠り、福島県大熊町の双葉病院から避難した入院患者44人を死亡させ、原発でがれきに接触するなどした東電関係者や自衛隊員ら計13人を負傷させたとした。

あわせて読みたい

注目の特集