メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ギリシャ・マケドニア国境

怒れる難民、柵破壊 警察が催涙弾

ギリシャ・マケドニア国境の鉄製フェンスを破壊する難民ら=ギリシャ北部イドメニ郊外で2016年2月29日、福島良典撮影

 【イドメニ(ギリシャ北部)福島良典】中東などから西欧を目指す難民・移民がギリシャとマケドニアの国境地帯に押し寄せ、緊張が高まっている。2月29日、マケドニア当局の越境制限に抗議する難民らのグループが国境の鉄製フェンスを破壊。マケドニアの警官隊が国境越しにギリシャ側に催涙弾を撃ち込み、現場は一時、騒然となった。国境での足止めに難民の不満が噴出した形だ。

 マケドニアは2月下旬からアフガニスタン人の入国を原則として認めない措置を導入。身分証明書を所持して…

この記事は有料記事です。

残り651文字(全文878文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  2. 札幌ドーム、収益どうなる 日ハム移転後は年3億円の赤字か
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. 新天地へ・日ハム本拠地移転 /上 札幌ドームに強い不満 自由な経営選択 /北海道
  5. 「議員ウォッチ」から見える国会議員の実態 運営者「非常に貧弱」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです