メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論説の目

安全保障 強固な論陣を=布施広

北朝鮮の弾道ミサイルとみられるロケット=2月7日、朝鮮中央通信・朝鮮通信

 米国のライス元国務長官は在任時(2005〜09年)、日本人との相性に悩んだそうだ。北朝鮮の核問題に懸命に取り組む彼女を、日本人は「拉致問題に熱心でない」と見た。日本人は拉致に重点を置くあまり、北朝鮮核問題をめぐる「6カ国協議の失敗を望んでいるように思えてきた」と自伝に書いている。

 思いつめた感じが痛々しいが、世界の命運にかかわる核問題をもっと重大に考えようと言いたいのだろう。当否はともかく米側からよく聞いた声だ。かつては、である。

 先月訪日した米国のシャーマン前国務次官はどうか。彼女は行方不明米兵(MIA)問題と拉致問題の「ある…

この記事は有料記事です。

残り1038文字(全文1306文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  3. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  4. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

  5. 滋賀・湖東病院事件、検察側が有罪立証断念 無罪確実に 新証拠は困難

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです