メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

電力自由化

開始まで1カ月 値引き競争、大都市中心

 家庭も電気の購入先を自由に選べるようになる電力小売りの全面自由化が、1カ月後の4月に始まる。ガス大手など新規参入事業者(新電力)は、大手電力より割安な料金をアピールしているが、大手と新電力の「値引き」競争は大都市圏が中心で、地方への浸透は今一つ。太陽光など再生可能エネルギーで作られた電気を中心に販売する事業者の参入も出遅れているなど、課題も見えてきた。【寺田剛、小倉祥徳】

 「君が言うなら乗り換えるよ。どれだけ安くなるか楽しみだ」。東京都足立区で青果店を営む岩瀬満さん(7…

この記事は有料記事です。

残り958文字(全文1196文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. 韓国、文大統領の支持率40%に下落 就任以降最低

  4. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです