イラク

ISが犯行声明 テロ相次ぐ 100人以上が死亡

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【カイロ秋山信一】イラクの首都バグダッド周辺で2月28日、爆弾テロや治安機関への襲撃が相次ぎ、100人以上が死亡、イスラム教スンニ派の過激派組織「イスラム国」(IS)が犯行声明を出した。シーア派を異端視するISは過去1カ月間にイラクとシリアでシーア派の居住区を狙った大規模テロを繰り返している。実効支配地域が縮小する中、首都近辺のシーア派を象徴する場所で大規模テロを起こすことで、影響力を誇示する狙いがあるとみられる。

 ロイター通信によると、29日にもバグダッド北東約80キロのムクダディヤで自爆テロが起き、24人が死亡した。シーア派民兵の葬儀が行われていた。

この記事は有料記事です。

残り685文字(全文966文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集