メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

タンチョウ

過去最高の1320羽を確認

餌を求めて給餌場に集まるタンチョウ=北海道鶴居村下雪裡の鶴見台で、近藤卓資撮影

 北海道は29日、国の特別天然記念物となっているタンチョウの2015年度2回目の越冬分布調査で、過去最高の1320羽を確認したと発表した。5年連続で1000羽台に達し、生息数の増加傾向を裏付けた。

 今回の調査は1月25日に釧路地方を中心に25市町村150カ所で実施し、成鳥1152羽、幼鳥123羽、不明10羽、飼育個体35羽を確認した。昨年より133羽増えた。自治体別では鶴居…

この記事は有料記事です。

残り284文字(全文472文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見えたー! ペルセウス座流星群がピーク迎える 天の川と「競演」

  2. 広島の住宅で女性が胸など刺され死亡 県警が殺人事件とみて捜査

  3. ポスト安倍に挙がる3人の「外相」 首相の座は誰に 個性それぞれ

  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  5. 国民・玉木氏 分党まで持ち出しこだわったものとは 混乱残り前途多難

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです