大雪

CO中毒の危険…立ち往生 車内で「どうする」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 北海道を襲った29日の暴風雪では、車の車内にいた人が一酸化炭素(CO)中毒で亡くなった。マフラーが雪に埋まり、車内に排ガスが流入した可能性がある。休憩中や運転中に遭遇したらどうするのか。

 吹雪で視界が悪くなった場合、運転を続けると危険で、道の駅やコンビニエンスストアに停車して天候の回復を待つ。道路情報の確認には、北海道開発局の「北海道地区道路情報」や、寒地土木研究所の「吹雪の…

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文475文字)

あわせて読みたい

注目の特集