メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道

暴風雪 特急4時間半立ち往生

予約変更やキャンセル待ちの客で混雑する航空会社のカウンター前=北海道の新千歳空港で2016年3月1日午後4時51分、野原寛史撮影

 急速に発達する低気圧の影響で大荒れの天候となった2月29日の北海道は、JRの運休や航空機の欠航が相次ぎ、吹雪が原因とみられる多重衝突事故でけが人も出た。

 JR北海道によると午後10時45分現在、特急列車や快速エアポートなど計225本が運休や部分運休した。午後2時ごろには稚内発札幌行きの特急サロベツが南稚内−抜海間で雪のため立ち往生したが、約4時間40分停車、その後、稚内駅に戻った。けが人はいなかった。

 新千歳空港(千歳市)では、午前中に滑走路を一時閉鎖し、欠航便が続出。航空各社のカウンター前は予約の…

この記事は有料記事です。

残り416文字(全文669文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  2. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 殺害された小4男児は英語好き、熱心に塾通い 朗らかで雰囲気明るく

  5. 「過去の歴史想起」外務省、かつて旭日旗で注意 五輪で容認と矛盾?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです