東電強制起訴

被災首長「法廷で責任の所在を明らかに」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 東京電力福島第1原発事故を巡り東電の旧経営陣3人が業務上過失致死傷罪で29日に強制起訴されたことについて、福島県の被災自治体の首長からは「法廷で責任の所在を明らかにしてほしい」などの声が上がった。

 全町避難が続く浪江町の馬場有(たもつ)町長は「事故により町民は悲惨な状況に追い込まれている。裁判により東電の重大な責任を明確にしても…

この記事は有料記事です。

残り249文字(全文415文字)

あわせて読みたい

注目の特集