メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
本因坊70年の旅

囲碁 進化するソフトに注目=金沢盛栄

ソフトとの対局に敗れ、頭を下げる将棋棋士。囲碁界にも間もなく、この日が到来するか=神奈川県小田原市で2014年4月5日

 囲碁界は今、二つの話題で空前の盛り上がりを見せている。

 一つは井山裕太本因坊の全7冠制覇への挑戦。井山は先月、棋聖戦七番勝で挑戦者の山下敬吾九段をストレートで退け、6冠(本因坊、棋聖、名人、王座、天元、碁聖)を堅持した。残るは既に挑戦を決めている十段のみ。伊田篤史十段との五番勝負は8日、東大阪市で開幕する。

 お隣の将棋界では、羽生(はぶ)善治名人が1996年に7冠を達成し、社会的現象となった。あの快挙から…

この記事は有料記事です。

残り747文字(全文952文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あおり運転、傷害容疑で手配の43歳男を逮捕 大阪市内で茨城県警

  2. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  3. 「世間に疲れた」 秋葉原事件にも共感 孤立深めた京アニ放火容疑者

  4. 渋野日向子は1打差の3位 優勝は穴井詩 NEC軽井沢72最終ラウンド

  5. 時代の風 「嫌韓」とは何なのか 国益なきストレス解消=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです