メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

本因坊70年の旅

囲碁 進化するソフトに注目=金沢盛栄

ソフトとの対局に敗れ、頭を下げる将棋棋士。囲碁界にも間もなく、この日が到来するか=神奈川県小田原市で2014年4月5日

 囲碁界は今、二つの話題で空前の盛り上がりを見せている。

 一つは井山裕太本因坊の全7冠制覇への挑戦。井山は先月、棋聖戦七番勝で挑戦者の山下敬吾九段をストレートで退け、6冠(本因坊、棋聖、名人、王座、天元、碁聖)を堅持した。残るは既に挑戦を決めている十段のみ。伊田篤史十段との五番勝負は8日、東大阪市で開幕する。

 お隣の将棋界では、羽生(はぶ)善治名人が1996年に7冠を達成し、社会的現象となった。あの快挙から20年。ファンは皆、井山フィーバーが起こることを願っている。

この記事は有料記事です。

残り717文字(全文952文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 変異株の感染確認、なぜ静岡で 英国滞在歴なし 厚労省クラスター班調査へ

  3. 大相撲・九重部屋で親方ら5人新たに感染判明 全力士が休場中

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. ORICON NEWS なかやまきんに君“本名”公開「初めて下の名前知りました」「本名カッコいい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです