メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

本因坊70年の旅

囲碁 進化するソフトに注目=金沢盛栄

ソフトとの対局に敗れ、頭を下げる将棋棋士。囲碁界にも間もなく、この日が到来するか=神奈川県小田原市で2014年4月5日

 囲碁界は今、二つの話題で空前の盛り上がりを見せている。

 一つは井山裕太本因坊の全7冠制覇への挑戦。井山は先月、棋聖戦七番勝で挑戦者の山下敬吾九段をストレートで退け、6冠(本因坊、棋聖、名人、王座、天元、碁聖)を堅持した。残るは既に挑戦を決めている十段のみ。伊田篤史十段との五番勝負は8日、東大阪市で開幕する。

 お隣の将棋界では、羽生(はぶ)善治名人が1996年に7冠を達成し、社会的現象となった。あの快挙から…

この記事は有料記事です。

残り747文字(全文952文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 唐田えりかさんがドラマ出演自粛 東出昌大さんとの不倫報道で「反省」

  2. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  3. 相模原殺傷 植松被告の変貌ぶりに衝撃受ける友人らの証言紹介

  4. 井筒屋入居のビルが破産 クロサキメイト4月末で閉店 北九州・JR黒崎駅前

  5. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです