メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 今度の参院選の争点の一つは、あらわであるか隠れたものになるかはわからないが、憲法への考え方であることは確かだ。そう思っていたところ「週刊金曜日」2月19日号でジャーナリスト、むのたけじさんの興味深い表現を読んだ。むのさんは「9条は日本に対する連合軍の裁き、死刑判決」であり、「実は国家とは認められていない屈辱」がそこにある、と述べる。

 その一方、9条は「人類の目指すべき理想的な指針」で、そこには「世界の平和運動の先頭に立てる」という希望がある、とも述べる。つまり9条には二つの側面があるのだ。

この記事は有料記事です。

残り517文字(全文765文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 注目の裁判・話題の会見 社会に出て半年、「これから」だった25歳女性 座間9人殺害 11月10、11日公判詳報

  2. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  3. 白石被告、自白の理由は「部屋に証拠が残り観念」 座間9人殺害公判 被告人質問

  4. 注目裁判・話題の会見 名前すら聞かれなかった女子高生 座間9人殺害・11月2日公判詳報

  5. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです