メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インフルエンザ

警報 県全域に発令 /山形

 県は1日、県内全域にインフルエンザ警報を発令した。発令は昨年1月27日以来で、今冬初。県は「今後も感染拡大が懸念されるので、手洗いの徹底や適切なマスクの着用などを心がけてほしい」としている。

 県健康福祉企画課によると、県内48の医療機関からの報告をまとめた結果、2月22〜28日の患者数は1医療機関…

この記事は有料記事です。

残り111文字(全文261文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 子供向けマスク 6日から販売 50回洗濯可 ミキハウス

  2. ファクトチェック マスクは首相の地元・山口県の企業が受注? 「全世帯配布」で駆け巡ったツイート

  3. 「6月に消費税0%」で令和の恐慌を防ぐ

  4. なぜ布製?どうして2枚? マスク配布に広がる疑問や戸惑い その効果は

  5. 百田氏も「なんやねん」 布製マスク配布に右派も反発?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです