メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

布施広の地球議

「ミサイル防衛」幻想

 ひとつ問題である。敵国から飛来した核ミサイルを日本のミサイル防衛(MD)が迎撃し、みごと敵ミサイルを破壊した。では、その衝撃で核爆発が起きないのだろうか−−。

 答えは、起きない。核ミサイルは一般的に、小型化が容易で遠くへ飛ばせる爆縮型の核兵器を使う。核分裂物質を高性能火薬で包み込み、火薬を360度、ほぼ同時に爆発させる方式だ。だから迎撃による一方からの衝撃では核爆発には至らない。

 ちなみに、「ほぼ同時」とは1000万分の1秒以内の誤差とも言われる。核兵器を小型化してミサイルに載…

この記事は有料記事です。

残り933文字(全文1175文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. アクセス 韓国で暴行された日本女性、なぜたたかれるのか

  3. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  4. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

  5. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです