安倍首相

「改憲、在任中に」 参院選3分の2に意欲

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
参院予算委の岸宏一委員長(左)とあいさつを交わす安倍晋三首相=国会内で2016年3月2日午前、梅村直承撮影
参院予算委の岸宏一委員長(左)とあいさつを交わす安倍晋三首相=国会内で2016年3月2日午前、梅村直承撮影

 安倍晋三首相は2日の参院予算委員会で、憲法改正について「私の在任中に成し遂げたい」と明言した。首相の自民党総裁任期は2018年9月まで。夏の参院選で自民、公明両党に一部野党も加えた勢力で改憲発議に必要な3分の2以上の議席を確保することに強い意欲を表明。首相は衆参同日選も視野に、参院での改憲勢力の拡大を目指す考えだ。【野原大輔】

 首相は「自民党は立党当初から党是として憲法改正を掲げており、私は党の総裁だ。先の衆院選でも訴えているわけであり、それを目指していく」と強調した。そのうえで「自民党だけで3分の2以上を獲得することは、ほぼ不可能に近いだろう」と指摘。「与党、さらには他党の協力も得なければ難しい」と述べた。民主党の大塚耕平氏への答弁。

この記事は有料記事です。

残り603文字(全文926文字)

あわせて読みたい