空き家

葛飾区、行政代執行で解体へ 所有者判明で全国初

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
3日に行政代執行で解体される東京都葛飾区宝町の民家
3日に行政代執行で解体される東京都葛飾区宝町の民家

 東京都葛飾区は1日、区内在住の70代女性が所有している空き家が倒壊の危険があるとして、行政代執行により解体すると発表した。3日に着手し、29日に完了予定。昨年5月に施行された「空き家対策特別措置法」に基づき、所有者が判明している空き家の行政代執行は全国初という。

 解体するのは、同区宝町2にある延べ約3…

この記事は有料記事です。

残り201文字(全文353文字)

あわせて読みたい

注目の特集