メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

川崎・中1殺害

無職少年、傷害致死認める…地裁初公判

傷害致死罪に問われた無職の少年の初公判が行われた横浜地裁の101号法廷=横浜市中区で2016年3月2日午前9時14分、竹内紀臣撮影

 川崎市川崎区の多摩川河川敷で昨年2月、中学1年、上村(うえむら)遼太さん(当時13歳)を仲間2人と共謀して死亡させたとして、傷害致死罪に問われた無職少年(18)=事件当時17歳=は2日、横浜地裁(近藤宏子裁判長)で開かれた裁判員裁判の初公判で自身の関与について「間違いない」と認めた。一方で、仲間の一人の職業不詳の少年(18)については「切ったのは見ていない」と述べた。【松浦吉剛、水戸健一】

この記事は有料記事です。

残り1172文字(全文1369文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  2. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

  3. 岐阜中3自殺 市教委いじめ認め謝罪「寄り添えていなかった」

  4. 「金払う、サンドバッグ、土下座--から選択」いじめ34件を認定 岐阜の中3転落死

  5. 奈良で不明の女子高生保護、誘拐容疑で姉ら男女3人を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです