メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

慰安婦問題

朴大統領、日韓合意に理解求める 批判強く

 【ソウル大貫智子】韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は1日、日本の植民地時代に起きた「3・1独立運動」の記念式典で、昨年12月の慰安婦問題に関する日韓両政府間の合意について、改めて国民に理解を求めた。元慰安婦が受け入れていないとして、若年層を中心に批判が強いうえ、元慰安婦をモデルにした映画もヒット。韓国政府は世論を慎重に見極めながら合意の履行を進める考えだ。

 朴氏は演説で、元慰安婦の名誉回復や支援に取り組む考えを強調。日本に対し「歴史の過ちを忘れず、合意の…

この記事は有料記事です。

残り580文字(全文810文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 自民・岸田氏「補正予算案 1兆円超す規模」 台風19号

  4. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  5. 菅原経産相の金品配布疑惑 選挙区の有権者複数が「メロンもらった」と証言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです