メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道暴風雪

「風の音、竜巻みたい」屋根や電柱被害

強風にあおられ、住宅(右奥)から吹き飛ばされたトタン屋根。一部はさらに離れた場所まで飛ばされていた=北海道小樽市で2016年3月1日午後2時57分、手塚耕一郎撮影

 「風がゴーッと音を立てて、竜巻みたいだった」−−。数年に1度の記録的な暴風雪に見舞われた北海道内は1日、各地で屋根が飛ばされたり、電柱が倒れたりするなどの被害が相次いだ。【横尾誠治、袴田貴行、山田泰雄】

 3月としては観測史上最大となる最大瞬間風速34.3メートルを記録した室蘭市内では、電柱4本が倒壊。現場近くに住む無職、宮本巌さん(83)は「家が動いているように感じた。ここに50年以上住んでいるが、こんなことは初めて。おっかなかった」と振り返った。

 道や道警によると、岩内町では女性(77)が強風にあおられて転び、右足を骨折。札幌市中央区では歩道に…

この記事は有料記事です。

残り448文字(全文725文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 千葉県 37歳女性職員、病気休職中に風俗店勤務で処分

  4. 実体験もとに性依存症を漫画化 なぜ作者は公表したのか

  5. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです